« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

2007年9月

2007年9月18日 (火)

大きな栗の木の下で♪

大きな栗の木の下で~♪

この歌、虫くんが生まれから何回歌っただろう…。特に最近、虫くんはこの歌がお気に入り(のよう)だ。この歌を歌ってあげると、グズグズしていても、少しよくなる。歌いながら踊ってあげるとさらに効果的。さらにさらに、踊りながら虫くんの鼻にさわったり、あんよを歌にあわせて動かしてあげると、もっと良い!

この歌を歌うのは私だけではない。虫くんパパも、そして虫くんに会いに来た妹たちも、みんな歌わなければならないのだ。

ちなみに…虫くんパパは非常に音痴である。私が知っている人の中で一番音痴だと言っても過言ではないくらいの重症だ。カラオケの18番の「アメリカ橋」もまともに歌えたためしがない。(何度も練習したにもかかわらず、音程はメチャクチャだ)

その音痴の虫くんパパ。大きな栗の木の下で♪も初めは全くだめだった。「あなたとわたし~」のところでどうしても音程が狂ってしまうのだ。あ~きっとこれも正しい音程では歌えないだろう…と思っていた。

ところがっ!ある日、虫くんパパが虫くんを抱っこして歌っているのを聞いてびっくり!音程が正しい!!初めから最後までちゃんと歌になっているではないか!今まで正しく歌える歌が1曲もなかったのに、息子のためになら音痴も治るのだろうか…不思議だ…

とにかく、わが家では1日に50回以上は「大きな栗の木の下で♪」を歌っている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月 4日 (火)

おいしいおっぱい

昨日、授乳回数を多くして、虫くんにたくさん吸ってもらったので、私のおっぱいはちょっと落ち着いた感じ。でも、授乳間隔が長くなるとたちまち硬ーくなってしまう。

おっぱいがつまる原因はいろいろあるようだ。食生活、乳管の細さ、赤ちゃんの吸い方、そして体質…。私の場合は体質なんじゃないかと思う。母乳の質もあまりよくないようだ。つまり、母乳があまりおいしくないということ…(虫くんごめんね。)おいしい母乳は透明でほんのり青みがかっているのだそうだ。

おいしい母乳を出すためには、まず食生活。和食を中心にした食生活をしなければならない。ケーキなどの甘いものはご法度だ。昨日、ネットでいろいろ調べたら、たんぽぽコーヒーやルイボスティーがいいとのこと。早速、飲んでみよう~。

虫くんを完全母乳で育てられるのもあと少し。少しでもおいしい母乳をあげたいな…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月 3日 (月)

またまたおっぱいトラブル発生

またおっぱいがつまってしまった…。朝、起きたら右の乳房が石のように硬くなって張っている。何がよくなかったんだろう?昨日食べたグラタンか?夜寝る前に食べたカッパえびせんか?

おっぱいの詰まりを取るには虫くんに吸ってもらうのが一番なので、いつもより多く授乳をしたいのだが、当の虫くんは今日はあまり食欲がないようだ。自分で搾乳してみたが、一向によくならない…(涙)。

またソウルのオケタニに行かなくてはならないかもしれないな。こんなにしょっちゅうおっぱいが詰まったら、仕事が始まってからはどうなってしまうんだろうと非常に不安になる。いっそのこと、全部ミルクにしてしまおうかとも考える…。

天気も悪いし、おっぱいの調子も悪いし、ちょっとブルーになってしまう…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月 2日 (日)

おでかけ

韓国に帰ってきてからというもの、毎日おでかけしている。日本にいる時は実家の誰かに虫くんを見てもらって外出することができたが、ここではそうはいかないのだ。

先週の木曜日は近所に住む日本人の友達の家へ遊びにいった。日本人のママが全部で7人、子供が6人、もちろん虫くんが一番小さい子だ。おにいちゃん、おねえちゃんがわいわいがやがや遊んでいる中で虫くんはひとり静かにソファで寝ていたのでした。

金曜日はベビーカーで近所のSデパートへ。ゆっくり歩いて約15分。デパートでは顔なじみの店員さんが「あらー、生まれたのねー」と歓迎してくれた。地下のスーパーでいろいろお買い物した。ベビーカーを引いて、カゴを持って買い物するのって、想像以上にしんどかった。エスカレーターを使えないのも不便だ。子連れで出かけるって大変なのねー、と今更実感。

土曜日は虫くんパパと再びSデパートへ。最近、虫くんが手で自分の顔をかきむしってしまうので、ミトンを買いにいった。かえるの刺繍のミトン、5000ウォン。

今日は車でLデパートへ(出産後もデパートが好きな私)。どうしても家でおいしいコーヒーが飲みたくて、コーヒー豆を買いにいった。地下のスーパーに寄ったところ、虫くんが日本で使っていたのを同じおむつを発見!日本ではパンパースだが、こっちではキューティーという名前になっている。ちょっと割高だけど、おしっこをするとオムツのラインの色が変わるのがとっても便利。これからはキューティーを買えばいいんだ~♪

お出かけのときは、横抱き専用の抱っこひもを使うこともあるが、大抵はだっこして出かける。日に日に体重が増えている虫くん(今は5キロを越えた)。早くも腕に筋肉がついてきた。これも母親になった印かな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月 1日 (土)

母乳で育てること

早いものでもう9月ですねー。韓国はすっかり秋になりました。朝晩は寒いくらい。明日の朝は20度以下になるそうです。

今、虫くんを母乳だけで育てていますが、ここまで来るにはいろいろな人の助けがあったのです。

入院中は、母乳が出にくい+虫くんが飲むのが下手っぴだったために、8割がミルクでした。退院して実家に帰ってからもしばらくは授乳の前に虫くんの体重を測り、授乳をして、また体重を測る、そして足りない分、ミルクをあげる、という非常に手間のかかる作業をしていました。最近は「なにがなんでも母乳!」という風潮なので、このまま母乳がでなくなったら…と考えて、精神的にもブルーでした。実家でも、虫くんが泣くと、「おっぱいが足りないんじゃないの?」「ミルクを足せば」など言われ(言った人は悪気はないのですが)さらに落ち込む毎日でした。そんな時に励ましてくれたのが、保健センターから来てくださった助産師のTさん。とてもおおらかな明るい方で、わたしの悩みを吹っ飛ばしてくれました。Tさんにいろいろアドバイスをいただいてから、気持ち的にもすっきりして、母乳の出もよくなったような…。それから、忘れてはいけないのが、桶谷の先生方。「このおっぱいならミルク無しで大丈夫よ!」と太鼓判を押してくださいました。それからは母乳オンリーで虫くんを育てています。2ヶ月前に母乳のことであんなに悩んでいたのがうそのようです。

韓国にも桶谷式母乳育児相談室があり、昨日おっぱいがつまってしまったので、行って来ました。そこの先生もとてもいい方で授乳の方法など、いろいろ教えてくださいました。韓国にも桶谷があって本当によかった…。

来月からは仕事が始まるので、100%母乳というわけにはいかなくなるけど、仕事が始まるまでのあと1ヶ月は虫くんにたっぷりおっぱいをあげたいな…。そのためにも食事に気をつけなければね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »