« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »

2007年4月

2007年4月25日 (水)

腰痛

30週と1日

4月の9日から休みに入った。(出産休暇ではなくて、いつもの春の休暇)

日本へ帰るまえに、会っておきたい人がたくさんいて、このところ連続してランチは外で食べている。大抵は、お昼前に待ち合わせてゆーっくりランチをして、その後場所を変えてお茶(時にはデザートも)をするというパターンだ。かなりの時間、同じ姿勢で座っていることになる。それがいけなかったのだろうか?昨日の晩、突然腰が痛くて動けなくなってしまった。座っていることはもちろん、立っていることもできない寝たきり状態…。

早速、今日近くのカイロプラクティックへ連れていってもらった。去年ぎっくり首(?)をしたときにもお世話になった先生で、マタニティカイロもしているので、妊婦でも安心して通える所だ。いつものように先生に「ボキボキ」としてもらってからはだいぶよくなった。でも、何日かは通ってくださいと言われた。

まだ腰は痛かったのだが、よくなる見通しがたったので、精神的には明るく、カイロの帰りに、おしゃれなベーカリーでたくさんパンを買った…。早く普通の生活ができるようになればいいけど…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月23日 (月)

寝られなーい

29週と6日

夜、何回も起きるようになった。昨日ベッドにはいったのが11時で起きたのが12時、2時、4時、5時、7時だ。原因は3つ。

ひとつはトイレ。虫くんが大きくなって膀胱の容量が小さくなっているから、必然的にトレイも近くなる。昼間は1時間に1回、寝ている時は2時間に1回、トイレに行かなければならない。

もうひとつは明け方のこむら返り。

そして最後のひとつは胸焼け。妊娠すると胃腸の働きが弱くなり食べものが長時間胃の中にとどまっていたり、食道下部の括約筋がゆるんで胃の内容物が食道に逆流してくるために起こるそうだ。それにしても、四六時中、胃液が上がってきて、ちょっと耐えられない感じ。真夜中にも胃液が上がってきて起きることもしょっちゅうだ。

先日の検診の時に先生に相談したところ、ゲルポスかミランタという市販の薬を飲めばいいとのこと。早速、買って飲んでみたが、ゲルポスはまさにバリウムと同じ。注意書きを読んでみたら、「便秘になる可能性有」とのこと!えーっ!それでなくても、ひどい便秘で悩まされているのに、さらに悪化してしまったら、大変!

でも…、胸焼けも辛い…。究極の選択だったが、ゲルポスを飲むことにした。胸焼けの症状は若干解消されたが、この薬は飲み続けないと効果は続かないようだ。結局、1日3回飲んで、薬を飲むのを辞めた。

虫くんが生まれるまであと2ヶ月、胸焼け、便秘、耳管開放症、こむら返り、腰痛、、いろんなマイナートラブルとつきあっていかなくちゃいけないんだろうな…。そういえば、4月号のたまごクラブにこんなことが書いてあったっけ。

*****

妊娠中に起こるいろいろな変化は、あなたが辛いと思うことも、原則としてすべてあなたと赤ちゃんにとって「育む力」なんです。…あなたが、自分に起こってきている変化の意味を感じることで、赤ちゃんとのつながりや、パートナーや家族とのつながりをより実感できるようになるでしょう。

*****

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月21日 (土)

逆子が治った!

29週と4日 虫くん 1300グラム

今日は検診の日、妊娠後期に入ったので、検診が4週間おきから2週間おきになった。今日は血液中の糖を測るとかで、朝から何も食べずに指定された薬を検診の1時間前に飲んだ。ものすごく甘かった。

病院に行って、いつものように体重と血圧を測り、超音波室へ…。前回の検診で虫くんが逆子だったことが判明したこともあり、ちょっと緊張気味。

逆子は無事に治っていた。ちゃんと頭を下にしていてくれた。それにしてもいつグルッと回転したんだろう~?逆子体操が効いたのかな?とにかく、よかった。

そして、3D超音波で虫くんのお顔を見ようとしたが…。今回も虫くんはパパとママにお顔を見せてくれなかった。顔を隠すようにしているそうだ。先生は「お顔見せてねー」とがんばってくれたが、結局だめ。「きれいに顔が見えるまで3D超音波、しますねっ!」と先生も悔しそうであった。それにしても、虫くん、どうしてお顔見せてくれないのかなー?恥ずかしがりやなのかな??

「黄金のブタ年」の影響か、今日も病院は混んでいた。予約した時間が9時40分で、終わった時間が11時…。でも、日本の大病院に比べたらいいほうかもね。

その後、ブンダン会の集まりがあって、ジョンジャドンへ行った。車で通ったことはあるが、街を歩いたのは初めて!同じブンダンとは思えないくらいおしゃれな街…。パスタを食べた後で、カフェへ移動してワッフルを食べ、また移動して今度はヨーグルトドリンクを、というフルコースであった。ワッフルを食べたカフェには有名なモデルさんが赤ちゃんを連れてきていた。あの辺は芸能人がたくさん住んでいるそうだ。

来月からはしばらく集まりにも参加できないだろうな。今度、みんなに会うときは、虫くんが生まれてからだね~♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月17日 (火)

ビザの変更

29週と0日

朝早起きして(というか虫くんパパを起こして)入国管理局へ行く。

私のビザの変更のためだ。1994年に韓国に来てからずっとE-2ビザという語学教師のビザで滞在しているのだが、この度、F-2ビザという配偶者ビザに変更することになったからだ。滞在するのにビザの種類はあまり関係はないのだが、将来、永住権を取るためには、一旦配偶者ビザにしておかなければならないということで、今回ビザの変更の手続きをしたのだ。

朝8時前に出発して、9時過ぎに入国管理局に到着。最近は窓口の人は殆ど女性だ。私が韓国に来たばかりの時は、殆ど初老の男性で、何か貢物(?)を持っていかなければ、なかなかビザを出してくれないこともあった。幸い私の勤めている会社が名の通ったSグループなので、他の人と比べたらいい待遇だったようだが、それでも、毎回何かプレゼントを用意して行ったものだ。懐かしいな~。

ビザができるのは10日後、書留で送ってくれるそうだ。こんなシステムも昔はなかった。韓国のお役所もずいぶん変わったな~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月15日 (日)

ベビーベッド設置

28週と5日

今日は日曜日、朝ちょっと早く起きて、ベビーベッドの組み立てを始めた。これを使うのはまだまだ先なのだが、あと4週後には日本へ里帰りするので、今から虫くん受け入れ体制をとっておきたいのだ。(たぶん、虫くんパパひとりではできないだろうから…)

ベビーベッドは、だいぶ前に会社の同僚にもらったもので、その同僚もお姉さんにもらったものだとか…。

もらった時にすでに解体されていたので、どうやって組み立てるのかさっぱりわからない。虫くんパパと試行錯誤の上、お昼過ぎになんとか形になった…。でも、なんか変。ベッドマットの位置が妙に高い…。それでも、お腹がすいたので、とりあえずお昼ごはんを食べに出かけた。

今日のお昼ご飯は、ロッテデパートにできたお豆腐料理の専門店。前から気になっていたところのひとつだ。味も値段もまあまあよかった。それにしてもこの街は赤ちゃんが多いな…。そんなに広くない店なのに、ベビーカーに載った赤ちゃんが6人!自分が妊婦だから赤ちゃんが目につくだけなのだろうか?

昼ごはんの後にベビーベッドの売り場へ。やっぱり、ウチのベッドは変。虫くんパパがいろいろ観察したところ、本物はマットレスの位置がかなり下にあることが判明。本物の様子を頭に叩き込んで、帰宅。

家に帰ってから再びベビーベッドと格闘。夕方になって、やっと完成した。8月の終わりにはこのベッドに虫くんが寝ているんだなと思うと、感動する。虫くんパパも「虫くんが本当に生まれるんだね~」と妙に感心していた。

こんな風に、赤ちゃんを迎える準備をしながら、父親、母親になる心の準備もしているんだなと思った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月12日 (木)

お腹、このくらいになりました。

28週と2日 

久しぶりにお腹の写真を撮った。自分ではずいぶん大きくなったと思うけど、写真に撮るとそうでもないかな…。

Dsc00869

韓国では妊婦は10キロ以上太るのが当たり前のようなので、8ヶ月に入って、やっと妊娠前の体重をやっと超えた私は、相当変な妊婦に違いない。

先日もある人が「ウチの家内はつわりが酷くてぜんぜん太れなかった。それで、娘は生まれた時、2800グラムだった!」と話していた。「2800グラム」…普通じゃん!と思ったが、韓国では3000を超えないと、小さすぎると言われるようだ。韓国では大きく生んで大きく育てるらしい。

8ヶ月に入った今も、いろいろな人(特に年配の人)にお腹が小さいから妊婦に見えないと言われる。なんだか責められているような気もするが、虫くんは正常に大きくなっているんだから、それでいいよね!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年4月11日 (水)

後期つわり

28週と1日

お腹がだんだん大きくなって胃が上がってきたせいか、最近は胸焼けがひどい。お腹がすいていても、いなくても、四六時中胸焼けがする。後期つわりとも言うそうだ。胃腸薬を飲んでもいいそうだが、韓国の薬は日本のに比べて強いので、却って胃を荒らすような気がして、飲めないのだ。

胸焼けに加えて、ゲップもひどくなった。寝ている時が一番幸せな時間だ。でも、その唯一の苦しくない時間も、虫くんの元気な胎動で脅かされつつある。

ネットでいろいろ調べたところ、食事の回数を多くして、できるだけ消化のいい食べ物を摂るようにとあった。スパイシーなもの、脂っこいものは避けたほうがいいようだ。韓国にいると、どうしても辛いものを食べることが多くなるが、避けたほうがいいみたいね。

精神的にはとっても幸せなんだが、妊娠がわかってからというもの、肉体的にはずっと苦しかったな、と思う。それでも、もう「二人目が欲しい」と思っているのだから、不思議なものだ。

虫くんパパに「虫くんの弟の名前も決めたよ」と言ったら、「あんなにツワリで大変だったのに…」と呆れられてしまった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月 9日 (月)

孝行息子、虫くん♪

27週と6日

虫くんハルモニが地下鉄で転んで骨折をして、明日で1週間になる。

韓国の病院では看護婦さんは患者の下の世話や食事の世話は全くしてくれない。それで、虫くんハルモニのような患者さんには24時間誰かがついていないといけない。

家族主義がしっかり残っているこの国では、その付き添いを家族がするのが当たり前である。というわけで、虫くんハルモニにも誰か家族が24時間体制で付き添っていなければならないのだ。

虫くんハルモニの家族というと…。虫くんハラボジ(祖父)と虫くんクンアボジ(叔父)とそして、私たち…。私は身重だということで、付き添いは免除されている。結局、男3人で、3交替で虫くんハルモニに付き添っているというわけだ。

私も週末に初めてお見舞いに行ってきたが、想像を絶する光景に唖然とした。

病室が狭い!4人部屋だが、付き添いの人のベッドもあるため、部屋の真ん中にかろうじてスペースがある程度。加えて、虫くんハルモニの部屋は窓がない。

うるさい!韓国人(特にお年寄り)は周りを気遣う習慣があまりないためか、他の患者が寝ていようが何をしていようが、周りを気にせずお腹の底から声を出す。携帯電話もかけ放題、鳴り放題。あんな狭い病室に、何人も何人も押し寄せる。

圧巻は、おじいさん。消灯後に自分の娘のお見舞いに来て、部屋が暗かったので「なんでこんなに真っ暗なんだー!電気をつけろー!電気をつけろー!」と病室で大声で怒鳴っていた。さすがに娘は「お父さん、寝ている人もいるんだから、静かにー」と大変恐縮そうだったが、日本ではありえないことだろうな…。

私は午後5時から11時ごろまでいただけだが、精神的に疲れ切ってしまった。あんな病室に一晩いるなんて…。ひえ~。もし、虫くんを身ごもっていなかったら、ヨメとして私も付き添わなければならなかっただろうな…。

虫くんがお腹の中にいるお陰で、こうして自由の身でいられるのだ。

虫くんハルモニには申しわけないけど、虫くんに感謝している。孝行息子だね♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月 7日 (土)

逆子だったのねー!

27週と4日 +-ゼロ

今日は1ヶ月ぶりの検診の日。立体超音波で虫くんの顔の写真を撮る日だ。

予約時間きっかりに病院へ到着。いつもより待合室が混んでいる。遂に黄金の豚年の影響がここにも現れたのか!

早速、超音波室へ。今日は顔の写真の日ですよねーという私に、先生いわく、「胎盤で顔が隠れていますね。これじゃ、今日はお顔を見るのは無理ね。」「次の検診の時に立体超音波、しましょうね。」とのこと。

顔が胎盤で隠れているということは、もしかして逆子?と気づいた私は「先生、もしかして逆子ですか?」と聞いた。先生は「そうですね。頭が上にありますね。脚は組んでいて、手はこんな風にしていますよ」とロダンの考える人のようなポーズをした。

逆子だったんだー。やっぱりやっぱり!だって、最近、膀胱攻撃が激しくなってたから、これは脚で蹴ってるんじゃないかと思ってたんだよねー。それにしても、先生!私が逆子ですか?って聞かなかったら、教えてくれなかったんじゃないの??とまたまた韓国の病院に不信感を抱いてしまった。

虫くんは帝王切開で生む予定だから、逆子でも関係はないとはいえ、逆子だと、お腹も張りやすいし、早産になりやすいそうだ(←ネット情報)。早速、今晩から「逆子直し体操」なるものを実行するつもり。プラス「虫くん説得作戦」も実行する予定。

立体超音波の写真が撮れなかったことは残念だけど、虫くんが逆子だったという事実に驚いてしまい、それどころではなくなった。

虫くん、次の検診までに頭が下、あんよが上、になっててね♪

次の検診は2週間後の4月21日

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月 4日 (水)

虫くんハルモニ、入院する

27週と2日

昨日、虫くんパパのママ、つまり虫くんのハルモニが入院した。ソウルの地下鉄の中で転んで股関節を骨折したのだ。

救急車でソウルのシンチョンの病院に運ばれて、入院している。人工関節を入れるために、今日手術をした。

虫くんハルモニは今年60歳で、還暦を迎える。還暦の記念に虫くんハルモニの姉妹で今月末に旅行するはずだったのに…。この分じゃ、行けないよね。かわいそう…。

1日も早く良くなりますように…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »