« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »

2007年3月

2007年3月29日 (木)

夜中のこむらがえりの襲撃

26週と3日 マイナス1.5キロ

最近、毎晩のように足がつる。

夜中の2時ごろに1回、明け方に1回、ふくらはぎがつるのだ。つる少し前に前兆があって、来るぞ来るぞ…来たぁー!!という感じで痛みが襲ってくる。片足だけの場合もあるし、両足同時ということもある。昨日の晩はあまりの痛さにベッドをバンバンたたいてしまった。(たたきながら、女子プロレスみたい!と感動した)夜中に大声を上げてギャーギャー痛がっているので、虫くんもさぞや驚いているだろうな…。でも、最近は毎晩だから「あ、ママ、また痛がってる」と慣れてしまったかもしれない。まあ、パパ似だったら、何事にも動じないはずだから、きっと「またかよー」とあきれているんだと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月28日 (水)

虫くんパパとの関係

26週と1日 -1.5キロ

今日、3月28日は虫くんのパパの誕生日だ。

でも、仕事が忙しくて、お祝いは週末になりそう。知り合って12年、結婚して10年だが、私たちの関係は今が一番いいのではないかと思う。これも虫くんのおかげだと思って感謝している。今までも私たちはいい関係だった。夫婦というよりは「人生のパートナー」という感じだった。「空気」のような存在。それはそれでベストの関係だと思っていたが、虫くんを妊娠したことがわかってから、その「人生のパートナー」という関係がだんだん変化してきた。

「パートナー」というよりは「わたしの家族」という感じ。もちろん今までも虫くんパパは私の家族だった。でも、今はもっと「家族」ということばが相応しいように思う。

子供のいない人生もいいと思ってきたが、虫くんが私たちのところに来てくれて、いろんなことが変わって、いろんなことが見えてきた。あと3ヵ月後、虫くんがこの世に生まれてきたら、また大きい変化あるんじゃないか…と楽しみにしている。

虫くん、みんな虫くんに会える日を楽しみにしているからね。元気で生まれてきてね♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月26日 (月)

虫くん、パワーアップ

26週と0日

最近、胎動が激しくなってきた。特に夜8時から9時にかけての時間は、動いているというより、大暴れという感じ。外から見ても、ドカドカ、ボコボコ動いているのがはっきりわかる。

虫くんの力がだんだん強くなっているんだね。くすぐったい時もちょっと痛い時もあるけど、あんなに小さかった虫くんがこんなに力強くなったと思うと、嬉しい気持ちでいっぱいだ。胎動を感じたばかりのときは「お腹の中で泡がはじけている感じ」だったのに、今はそんなお上品なもんではない。あっち行ってボコボコ、こっち来てドカドカ…。お腹の中で踊っているのか、遊んでいるのか…。

これからもっとパワーアップするのかな? 虫くん、お腹の中で好きなように遊んでいていいよ~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月17日 (土)

この子が虫くん?

24週と3日

私は毎晩夢を見る。3つか4つくらいの夢を見る。それもオールカラーだ。子供の時から起きたらすぐ夢を思い出すという訓練(?)をしてきたせいか、見た夢を忘れてしまうことは殆どない。

昨日の明け方、虫くんの夢を見た!虫くんが生まれて、初めておっぱいをあげるシーン。

虫くんを立て抱きにして、おっぱいをあげる。ママ似なのかパパ似なのか、顔を一生懸命見るが、肝心な部分だけぼやけている。近くにいる妹たちに「虫くん、誰に似てる?」と聞くと「んー、どっちかというとパパ似」という答え…。(ちょっと残念)

無事におっぱいをあげ終わり、虫くんが満足そうな顔で私を見上げて一言…「上手じゃん!」…褒められた!

なんとっ、虫くんは生まれてすぐ話ができるっ!やっぱりお腹の中にいる時からいろいろ話しかけてきたのが良かったんだー! と妙に納得してしまった。

…という夢だった。

この夢は何を表すんだろう?でも、夢の中ででも虫くんに会えてヨカッタ♪ フフフ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月10日 (土)

やっぱりついていました♪

23週と6日 -2.0キロ

今日は1ヶ月ぶりの検診の日。待ちに待った精密超音波の日。先月の検診の時、先生は「次の超音波の時には性別もわかるんじゃないですか?」と言っていたからだ。

いつものように、予約時間の5分前に家を出る(近いって素晴らしいっ!)。殆ど待たずに超音波室へ。担当の先生が「今日は精密超音波ですよ。心臓とかいろいろな機能が正常かどうか調べますよぉ」とおっしゃった。夫は「あそこもしっかり見てくださいね!」と抜け目無く強調した。

20分くらい心臓や腸や手足の指まで見てくれて(全て正常だった)、最後に「アソコ」を見てくれた。

わかった!これかっ!素人でもはっきりわかるくらいに男の子のシンボルが見えた!先生も「はっきりわかりますね、フフフ」と言っていた。

妊娠がわかる前に「ドラゴン」の夢を見た夫は「やっぱりなー」「わかってたんだよなー」満足そうだ。私はというと、最近女の子のお洋服がかわいいので、女の子もいいなーと思っていたところだったので、ちょっと複雑…。

でもでも、ヨカッタ!今までさんざん「虫くん」と呼びつづけていたから、今更女の子だったら、ちょっと可哀想だもんね。ヨカッタ!ヨカッタ!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年3月 6日 (火)

虫くんパパ、家へ帰る

23週と0日

昨日入院した虫くんパパが心配で、午前10時ごろに電話をかけたところ、「もう家に帰ってきたよー」とのこと。おいおい、そんなに早く退院していいのか?

仕事が終わって家に帰ってみると、なんと点滴をつけたままの虫くんパパがソファに寝転んでテレビを見ていた。それも薬のパックを手に持ったまま。バナナハンガーがあったのを思い出し、それにかけてみた(笑)

Dsc00847

こんな感じになりました。

それにしても、点滴をつけたままの患者を退院させていいのか?

びっくりして、「え、点滴つけたまま?」「終わったらどうすんの?」と聞いたところ、「終わったら、抜いていいってさ」と普通の顔で答えた虫くんパパ。誰が針を抜くんじゃ!?テーブルの上にはビニールに入った消毒液を染み込ませた綿のようなものがあった。

「注射針はどうすんの?」という質問には、「捨てればいいんじゃない?」とのお答え。注射針は医療廃棄物ではないのかっ!?

点滴つけたまま退院させたり、注射針を素人に処分させようとしたり、まったくこの国はすごいと改めて感心してしまった。

でも、虫くんパパが早く帰ってきてくれて、ヨカッタ♪

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年3月 5日 (月)

虫くんパパ、緊急入院

22週と6日 

週末から虫くんのパパのおしりの調子が悪くなった。昨日の日曜日は一日中、うつ伏せで寝たきり状態だった。少し動くだけでも「きぇ~」と痛そう…。そう!虫くんパパは「ぢ持ち」なのだ。

そして、今朝、病院へ行ったところ、即手術と言われたようで、入院することになった。会社の帰りに様子を見にいったが、その時にはすでに手術は終わった後。虫くんパパは意外とすっきりした顔をしていた。お医者さんによると2泊くらいは入院しなければならないとのこと。

今晩は、私と虫くんとふたり(?)ぼっちでちょっと寂しい…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月 1日 (木)

このくらいになりました!

22週と2日 -2.5キロ

ここ何日かでお腹がずいぶん大きくなったような気がしたので、写真を撮ってみました。

Dsc00843 写真で見ると、あんまり大きくないなぁ…。でも、実際はもっと大きい感じなんだけどな…。

おととい、会社の掃除のおばさんに「もしかして、おめでたなの?」「その大きさだったら6ヶ月くらい?」と言われた。マタニティを着ていても「妊婦に見えない」と言われてたので、掃除のおばさんのお言葉はちょっと嬉しかったのでありました。

今日は韓国はお休みです。むし君のパパといっしょに腹帯を買いに行ってきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »