トップページ | 2006年11月 »

2006年10月

2006年10月31日 (火)

冷え~

5週と0日 -1キロ

妊娠が発覚してから4日目 

お医者さんにはまだ周りの人には知らせないほうがいいと言われたが、日本の家族には報告してしまった。その晩は家族全員で盛大に酒盛りをしたらしい。妹は「よかった!よかった!」と大泣きしていたそうだ。こんなに喜んでくれて私もうれしいが、自分では喜びよりも不安のほうがずーっと大きい…。妊娠中の人ってみんなこうなのかな…。

足や手が妙に冷える。特に足首が氷のように冷たくて、痛いくらいだ。取り合えず、古い靴下を切って、レッグウォーマーのようにしてみた。思ったより暖かいけど、見た目がちょっと…。パンツだから足を組まなければ他の人にはわからないかも。Dsc00796

とにかく体を冷やすのはいけないようだから、体裁がどうとか言っていられないよね。冷え対策に日本の妹に「送ってもらいたいものリスト」をファックスして頼んだ。

レッグウォーマー・腹巻・5本指靴下・たんぽぽコーヒーなどなど。

来週の半ばくらいには荷物が着くでしょう。

本当にMちゃんありがとうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月30日 (月)

なぞの錠剤

4週と6日

病院で清算するとき、看護婦さんに「これ、奇形児が生まれないようにする薬です。毎日飲んでくださいね。」とビンに入った錠剤をくれた。「奇形児が生まれないようにする薬ぃ?」「そうです。毎日必ず飲んでくださいね。」そんな海のものとも山のものともしれないものを毎日飲むのかい?と思ったが、いちおう受け取って帰宅した。もちろんのむつもりなんてまったくない。

家に帰って、ネットでいろいろ検索していたら、最近は「葉酸」というサプリを妊婦さんは飲んでいるらしい、神経に障害がある赤ちゃんの生まれる確率が低くなるそうだ。も、も、もしかして、この怪しい錠剤は「葉酸」か??Dsc00795_1

次の日の朝、病院に電話をして錠剤の正体を確認したところ「葉酸」と判明した。

葉酸なら葉酸って言ってくれればいいのにぃ~。心配するじゃない~。

韓国で病院に通っているとこんなことたくさんあるんだろうなーと不安になった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月28日 (土)

え、本当に?

4週と4日

生理予定日が3日過ぎたので、以前に買った妊娠診断キットの存在を思い出し検査をしてみたら、「陽性」と出た…。もしかしたら妊娠しているかも…と思ってはいたが、本当に妊娠しているとはちょっと信じがたい。というのも結婚10年目で特に避妊していたわけでもないのに妊娠できなかったから、もう殆ど子供はあきらめていたからだ。

夫が起きるのを待ちながら、話そうか話すまいかいろいろ考えた。もしかして判定が間違っているのかもと思い、薬局へ行き、First Sign hCG (4000ウォン)を購入後、再びチェックをしてみた。またしても「陽性」と出た。Dsc00792

10時過ぎて夫が起きてきた。どうしよう…と悩んだ末に1時間後にキットを見せた。「何これ?」と言っていたが、ことの重大さに気づいたらしい、妊娠診断キットだとわかった時には驚きと不安と喜びが混じり合ったような表情だった。

インターネットで産婦人科を探し、検査に行くことにした。この時点ではまだ半信半疑で、頭の中はもやがかかったような状態。病院へ行き、運良く院長先生に診てもらえた。超音波検査開始、私のすぐ上にモニターがあって、子宮の中の様子が写っている。何か黒い点のようなものが見えた。先生は「まだ虫くらいの大きさですね」と言った。え、本当に妊娠?思わず「妊娠したんですか?」と聞いた。先生も看護婦さんもおめでとうと言ってくれた。わたしは頭の中が真っ白になった。「本当?」「マジ?」「どうしよう」「高齢出産」「うわー」こんな感じ…。Dsc00793_1

先生には流産の確率が高いから、周りの人にはまだ教えないほうがいいと言われた。40代の流産の確率は22%…結構高いよね。

これからいろーんなことがあると思うけど、この「虫みたいなの」が元気に大きくなってくれればいいな。

病院でも泣かなかったのに、今になって急に涙が出てきた。どうか元気に大きくなってください。

ということで、今日から記録をつけることにしました。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

トップページ | 2006年11月 »